POSレジシステムと機材について

   

販売時点情報を英語に直すとPoint Of Saleになります。この英文の頭文字を取ったものがPOSです。POSは最近注目を集めているシステムで、主にスーパーマーケットや飲食店などでPOSを使ったレジシステムが採用されているケースが多くなっています。名前は聞いた事があると言う人は多いかと思われますが、POSはレジステムの総称で、バーコードを使って情報検索を行ったり、専用機材を使ってオーダーを行うなどお店の業種に応じて異なる機材を使うのが特徴です。
POSを使ったレジシステムの事をPOSレジと呼びますが、リアルタイムで売り上げをチェックが出来る、お客さんが帰る時の会計処理の中でレジ打ちが要らない、既に会計処理が完了しているなどの特徴を持つのがPOSレジシステムです。

スーパーマーケットで導入が行われているシステム概要

スーパーマーケットでは、安売りデーなどを設ける事でお客さんの数を増やす方法もとられていますが、最近ではお店で販売している商品には値段が記載していないケースも多くなっています。これは会計処理を行う時に、バーコードを読み取り、情報をデータベース内で検索を行って価格を引き出しているからです。レジ打ち操作は時間が掛かりますし、安売りの時には商品の値段が記してあるラベルを貼り替えなければなりません。
しかし、バーコードで商品を管理する、POSレジシステムのバーコードリーダーで読み取りを行い、商品情報と価格が連動しているデータベースを連携する事で、作業効率をアップした形で管理が容易に行えるようになります。そのためスーパーマーケットでは、バーコードを読み取る装置や価格情報を管理するデータベースなどの機材が必要になります。

飲食店で導入が行われているシステムの特徴

飲食店の場合は、メニューをタブレット端末に構築する事でレジシステムを確立させる事が出来るようになります。そのためにはレジシステム本体をはじめ、情報を保存するための専用サーバー、ネットワーク環境やメニューが掲載してあるタブレット端末などが必要です。
お客さんからの料理の注文を受けた従業員は、タブレット上で注文を受けたメニューを選択します。オーダーを確定すると同時に、本体で集計が行われる事になるため、お客さんが食事を終えて会計処理を行う時には既に合計金額が計上されており、会計の時間を短縮することができます。また、リアルタイムで集計が出来るので、お店のオーナーをはじめ、フランチャイズチェーンの本部などは各店舗の売り上げをその都度把握することができるというメリットがあります。

ピックアップ記事

POSレジシステムと機材について

販売時点情報を英語に直すとPoint Of Saleになります。この英文の頭文字を取ったものがPOSです。POSは最近注目を集めているシステムで、主にスーパーマーケットや飲食店などでPOSを使ったレジ...

POSレジの費用はどれくらいかかるのか

会計がかなり楽になるポスを導入しているお店が多いです。これは機械を使用して会計データの収集をすることができるので手作業で売上を数える必要がありません。会計ミスも全くなくなるので利用を検討してみるといい...

今後の可能性が大きいPOSレジ機能の利用メリット

このレジの機能は従来のレジスターと違います。クラウドサービスを利用して大容量データを扱うことを簡単にしました。従業員の勤怠管理も可能で、業種別に細かく機能を工夫することで付加価値をつけています。飲食店...

業種を問わず導入する価値があるPOSレジ

今や珍しくもなんともなくなった「POSシステム」ですが、以前は導入する業種はある程度限られていました。たとえば、大手のスーパーやコンビニエンスチェーンがその代表格といっても過言ではありませんが、要する...