POSレジの費用はどれくらいかかるのか

   

会計がかなり楽になるポスを導入しているお店が多いです。これは機械を使用して会計データの収集をすることができるので手作業で売上を数える必要がありません。会計ミスも全くなくなるので利用を検討してみるといいでしょう。
従来までレジスター型のPOSがありました。レジと一体化している商品だと、導入するときに必要な台数を揃えないといけません。最新のPOSだとタブレットを使ったものが用意されています。これから導入を検討しているのであれば、POSレジの大まかな費用を知っておくと予算計画を立てやすいので必見といえます。
日本にはどんなタイプのPOSが多く使用されているのでしょうか。ここでは日本で導入できるPOSレジと費用に関して説明をするので商売をしている人は見ておくといいでしょう。

据え置き型の商品はいくらかかるのか

会計をするときに使う一体型の従来までのPOSをレガシーPOSと呼びます。レジと一体化しているもので別名はターミナル型とも呼ばれているのが特徴です。大規模なデパートや多店舗展開しているお店では多く導入されている機器でハードウェアとソフトウェアがセットになっています。
上記の理由から手厚いサポートを受けることができる、周辺機器も充実しているメリットを持つ商品です。主に飲食店や小売業者向けの商品でレジの設置分だけ台数が必要となります。販売価格は数十万円するもののもあるので高級品と言えるでしょう。小規模な店舗だと導入しにくいです。
また本体は使っていると劣化するので定期的に入れ替えるコストもかかってしまいます。POSレジの中では費用がトータルで結構掛かるので、ある程度売上のあるお店向きです。

タブレットPOSはかなり安く買える

最新のPOSとして話題を集めているのがタブレットPOSです。こちらは市販されているタブレットに専用のPOSソフトをインストールして使うものです。タブレット自体がPOSなので本体の代金とソフトウェアの月額コストだけで済みます。
月額のコストは数千円くらいからなのでお金があまり使えない小規模な店舗でも導入しやすいのがメリットです。またタブレットはおよそ60000円から70000円程度の金額で購入できます。レガシーと比べると片手で持ち運びができるうえに場所を取らないので使い勝手も良いです。サービスによってプランが幾つか用意されていて、各プランにより機能が限定されます。上級プランなら機能も高性能となっているのが特徴です。お店の規模に合わせてプランは変更できるため融通の利く商品と言えます。

ピックアップ記事

POSレジシステムと機材について

販売時点情報を英語に直すとPoint Of Saleになります。この英文の頭文字を取ったものがPOSです。POSは最近注目を集めているシステムで、主にスーパーマーケットや飲食店などでPOSを使ったレジ...

POSレジの費用はどれくらいかかるのか

会計がかなり楽になるポスを導入しているお店が多いです。これは機械を使用して会計データの収集をすることができるので手作業で売上を数える必要がありません。会計ミスも全くなくなるので利用を検討してみるといい...

今後の可能性が大きいPOSレジ機能の利用メリット

このレジの機能は従来のレジスターと違います。クラウドサービスを利用して大容量データを扱うことを簡単にしました。従業員の勤怠管理も可能で、業種別に細かく機能を工夫することで付加価値をつけています。飲食店...

業種を問わず導入する価値があるPOSレジ

今や珍しくもなんともなくなった「POSシステム」ですが、以前は導入する業種はある程度限られていました。たとえば、大手のスーパーやコンビニエンスチェーンがその代表格といっても過言ではありませんが、要する...