反応率でわかるfaxのdmの効率的な利用方法

集客方法のひとつにfaxを利用して送るdmがあります。その反応率は平均で0.3%程です。faxを利用したdmだけに限らず、マーケティングの世界ではセンミツという言葉があるように、一千件のコンタクトに対しての反応は数件あれば平均に達します。dmを送ったけれど反応がないからと配信を止めてしまいがちですが、改善対策をし続けることで反応率は上がり、集客が見込めるので途中で諦めてしまうのは勿体ないです。郵便やメールでのdmが主流とされてきましたが、近年では手間やコスト削減等の理由から、faxでのdmが見直され活用されている企業も多くあります。郵便は手間やコストや時間ロス等、メールは他のメールと紛れて開封してもらえないなど、問題点が幾つか挙げられています。faxでのdmにも難点はあります。送信先の企業にトナーや紙を消費させてしまうことと、送信枚数や文字の色が限定されてしまうところです。

魅力ある広告作りで反応率アップ

faxでdmを送信する際の改善点は幾つかあります。先ほど述べたセンミツの現状を考えると、当然倍のコンタクトをとる必要がありますが、件数だけではなくその内容にも改善が必要になります。faxだと開封するという手間がない分、手に取ってすぐ広告を目にすることになりますので、そこは他にはない利点になります。基本的にはカラーは使用せず白黒のみでの広告になることが多いので、そこでどれだけパッと惹きつけられる広告に仕上げることが出来るかが重要になります。魅力ある広告作りをすることは反応率アップに繋がります。小さく限られた用紙の中で、商品やサービスの魅力がどう表現されているかで、人の興味を救いそれが集客へと繋がります。用紙は標準的なサイズを使用することが多いので、主にA4サイズの利用になりますが、一枚の中に多くの情報を入れたい場合は大きめのサイズにするのも一つの手段です。

連携をとることもポイントの一つ

faxでのdmの送信前に準備しておきたいのは精度の高いリストです。営業先など仕事で携わった方と交換した名刺などから、業種等で分類し纏めたリストです。このリストを利用することで広告のターゲット別にdmを送信することができ作業の効率が良くなります。反応率を上げるためには、faxのdm以外の集客方法との内容を統一することも大事だと考えられます。サイトを運営している場合は、そのサイトの内容も統一している必要があります。実際にfaxで広告を見ても直接返信はせず、URLからサイトを訪れている方は少なくありません。サイトを見た際にもfaxの広告内容と統一されていて、また商品の魅力を感じられる内容になっていると、それは集客の可能性に繋がります。faxだけではなくサイトも魅力的なものに仕上げることが大事なポイントになります。問題点を改善できれば、手間もかからず時間のロスもなく大幅なコスト削減に繋がります。