反応率だけでわかる効果的なfaxdmの特徴

新規の顧客を獲得したい時、また、以前自社を利用された方に新商品やサービスの案内をしたい時に、知ってもらう為の宣伝や広告を行うには多くの手段がありますが、その中でも多く活用されているのがダイレクトメールを使ったアピール方法です。例えば封書に商品カタログやチラシを封入して送付するパターンや、一目で内容が把握できるようにハガキを利用する場合もあるでしょう。また近年はEメールを利用してダイレクトメールを送る企業もあります。このようにdmとも言われているダイレクトメールを利用したアピール方法は多くありますが、その中からfaxによるdmをご紹介します。この方法は送信先からの反応率が他と比較して高く、自社の商品紹介やイベント情報をより多くの方に認知してもらうことに繋がるのです。

faxによるdmが見てもらいやすい理由とは

では、何故他のダイレクトメール、dmの手法に比べてfaxを使うことで反応率が高くなっているのでしょうか。その理由の一つに開封の手間がなく必ず一度は目に入るという点が挙げられます。例えば、封書でしたら封筒を開封しなければいけません。場合によってはハサミなどが必要で、後で開けようと置いておかれる可能性があります。Eメールでも、タイトルを確認して中身を表示するという操作が必要ですし、フィルタなどが設定されていれば、目に入ることすらない可能性も出てきます。そこでfaxを利用すれば、機種などにもよりますが、dmが一枚の紙に出力されて出てくることで開封のひと手間が省かれており、内容を見てもらいやすいと言えます。反応率を高めるには顧客の目に入ることが第一歩ですから、大切なポイントなのです。

もっとfaxを効率的にするための一工夫とは

しかし、いくらfaxでのdmは目に留まりやすいからといっても、印象に残らないdmでは意味がありません。ではより効果的なdmとはどのようなものでしょうか。まずはfaxによるdmの特性を紹介しますと、送信のコストは低いものの封書のように数多くの広告やカタログを一度に送ることは出来ませんし、ハガキのようにカラフルなデザインにすることも出来ません。そこで、伝えたい情報を厳選して見やすく配置することが重要になります。白黒で一枚の紙に収まるように、読みやすいレイアウトと文字の量を心掛けましょう。心に残って大事なことが一言で伝わるようなタイトルを付けて大きく配置するとより読んで貰いやすくなります。このように少しの工夫で反応率を高くすることが可能ですからぜひ利用してみてください。