今後の可能性が大きいPOSレジ機能の利用メリット

   

このレジの機能は従来のレジスターと違います。クラウドサービスを利用して大容量データを扱うことを簡単にしました。従業員の勤怠管理も可能で、業種別に細かく機能を工夫することで付加価値をつけています。飲食店に特化したPOS+food、美容室に特化したPOS+beauty、小売店に特化したPOS+retailがあります。
効率的な店舗運営で収益を上げるにはどうするか、顧客満足度を上げていくにはどうすればよいか、といった店舗側のニーズに呼応できるよう、POSレジは最大限の努力をしています。お店の売上や経営状態を数量化して目に見えるように分かりやすくしたシステムがPOSレジです。タブレットで使用可能なアップルとグーグルアプリを開発していて、どこでも最新技術を便利に使うことができます。

新しい機能を持つPOSレジの可能性について

このシステムでは時間、日ごと、週別や月間の売上をリアルタイムで見ることができます。つまり店舗にとって収益が最も上がり力を入れるべきなのはいつか、またアイドルタイムはいつなのかという分析を行い今後の店舗経営に役立つ情報が得られます。POS+foodではテーブルのお客様単価、最終注文からの時間が一目でわかるので追加オーダーのタイミングが分かります。POS+beautyではお客様一人一人の来店頻度を記録してあるので次回来店のタイミングを把握することが容易です。
1店舗だけでなく複数の店舗の売上など多くの数値管理が可能です。そのため店舗ごとの比較検討をリアルタイムで行うことができます。モバイル、クラウド、低コストを実現しています。多言語他国税にも対応しています。

強力なサポートを可能にするシステム

海外通貨システムへの適用によって諸外国での活用は容易です。機材も現地購入と調達が可能なので面倒な関税手続きが不要です。タブレットPOSシステム、POS+は多くの国でシステム適用可能なのでアプリケーションを入れ直す手間がありません。
勤怠管理、人件費予実計算ができるのでPOS+は軽減税率も簡単に計算してくれます。各商品の売上割合数値を示すABC-Z分析を始めとしたさまざまな分析が標準仕様になっていることから、店長はサービスを向上させて売上増につなげるなどの重要性が高い業務に集中できます。
サポートは365日0円です。WEBサービスとも連携してこのシステムを使う店長の業務バックアップを欠かしません。駆けつけサポートやトラブル時保守サポートも行っています。

ピックアップ記事

POSレジシステムと機材について

販売時点情報を英語に直すとPoint Of Saleになります。この英文の頭文字を取ったものがPOSです。POSは最近注目を集めているシステムで、主にスーパーマーケットや飲食店などでPOSを使ったレジ...

POSレジの費用はどれくらいかかるのか

会計がかなり楽になるポスを導入しているお店が多いです。これは機械を使用して会計データの収集をすることができるので手作業で売上を数える必要がありません。会計ミスも全くなくなるので利用を検討してみるといい...

今後の可能性が大きいPOSレジ機能の利用メリット

このレジの機能は従来のレジスターと違います。クラウドサービスを利用して大容量データを扱うことを簡単にしました。従業員の勤怠管理も可能で、業種別に細かく機能を工夫することで付加価値をつけています。飲食店...

業種を問わず導入する価値があるPOSレジ

今や珍しくもなんともなくなった「POSシステム」ですが、以前は導入する業種はある程度限られていました。たとえば、大手のスーパーやコンビニエンスチェーンがその代表格といっても過言ではありませんが、要する...