驚きfaxのdm反応率が一目瞭然でわかる方法

集客をアップさせたい、資料請求やお問い合わせをもっと獲得したい、そう考えている方におすすめなのが、faxを使ってdmを送る方法です。faxによるdmとはfaxを使って送るdmのことで、企業に対して商品や企業の情報を一斉に送ることができます。しかし、インターネットが日常化した現在、faxでdmを送ったからといってそれほど効果があるのか、などと思っていませんか。実はfaxを使ったdmは、宣伝効果が高くレスポンスも多いと注目を集めている宣伝方法です。しかも、通常faxを送る方法と同じように、faxの原稿を作成して送るだけと誰でも作ることができるため、手軽に始めることができます。しかし、ただfax原稿を作成して送るだけでは、dmの効果を得ることはできません。faxを使ったdmの効果を知るためにもまずは反応率を知っておきましょう。今回は、faxを使ったdmについてご紹介します。

faxを使ったdmを選ぶメリットとは?

多くの企業が宣伝効果やレスポンスの高さから選んでいるfaxを使ったdmですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。まず一番に挙げられるメリットが、コストを抑えて宣伝することができる点です。ハガキや封書でdmを送る場合、ハガキに宛名貼りなどでコストが上がってきます。それに対しfaxで送るdmは、情報を書いたfax原稿を1枚用意すれば、一度に多くの企業に対してdmを送ることができ、反応率で考えてもハガキなどより高い効果を得ることができます。また、そのときにかかる費用は1件数円程度なので、ハガキを1枚送るよりもはるかにコストを抑えてdmを送ることができます。次に挙げられる点が、営業に行く時間や手間を省くことができる点です。dmに興味を持ってもらえれば相手から連絡があるため、営業にかける時間も手間も省くことができます。このように、faxを使ったdmには多くのメリットがあるのです。

faxを使ったdmの反応率とは?効果を高めるおすすめの方法

さまざまなメリットがあるfaxを使ったdmですが、宣伝効果を高めるためにはどのようなことをしていけばいいのでしょう。まず、原稿を作成する際にはターゲットを絞って作るようにしましょう。どのような企業のどのような人に送るのかを絞って原稿を作成することで成功する可能性が高まります。また、原稿を送ることで問い合わせがどれくらいあるのかという反応率を知るためにも、テスト送信を行うようにしましょう。原稿のパターンを何通りか用意し、テスト送信をすることでどの原稿が一番反応も多かったのかを確認します。このテスト送信を行うことで、より効果の高いdmを送ることができます。テスト送信を行うときには2000件程度送信し、その内どれくらい反応があったのかという反応率を知っておくと、faxを使ったdmの効果をより実感することができるのです。