POSレジが経営効率を上げコストを抑える

   

POSレジが担う役割として経営の効率化があります。経営でもっとも収益性に関係してくるのは、固定費の経費による圧迫です。固定費の中でもっとも大きいのが人件費です。POSレジを導入すればレジ打ちの人員配置が少なく、またミスのないスピーディーな精算が可能となります。
また、レジ打ちと共に商品管理が可能なので、どの商品がどれだけ売れたかを知ることによって仕入れの無駄を省き、現在の在庫も把握することが可能です。商品の売れ行きをリアルタイムで把握することができるので、販売が好調な位置を把握したり、配置換えで売り場環境の改善を図ることもできます。POSシステムが商品管理システムと連動することによってセキュリティ対策にもつながります。

商品管理は消費者にもメリットがある

POSレジによる商品管理は導入企業のみではなく、消費者側にもメリットがあります。販売時にレシートに部門や商品名や品番等が表示され、購入した商品を明確に印刷するため、領収証としての役割を果たします。また、返品及び交換の際に日時や購入商品、品番等が記載されているため、返品・交換作業や精算処理をスムーズに効率よく行うことができます。多くの商品を取り扱うスーパー等では返品・交換処理を行うことも多いので、作業の効率化は重要なポイントになります。
購入金額に対してポイントカードの提示によりポイント付加が行われ、一定金額以上でポイント還元が行われるといったシステムもあります。こういったシステムを導入すると、ポイントは支払金額から差し引きされ精算されることから、顧客への還元サービスとなり、リピーターを増やし、顧客の確保にもつながります。

消費者動向と販売管理に貢献する

POSシステムを導入することによって、消費者の行動や売り筋商品を掴むことができます。ポイントカードを発行することで消費者の情報を把握することもできますし、季節によって、またどの時間帯にどのようなものがよく売れる傾向があるのかを知ることは、経営者にとって大事なことです。また、売れた商品を分析することによって、購入する人の年齢や同時に購入するものなどを把握し、販売促進に役立てることも可能です。売り出し等のDM戦略や割引券配布などで購入欲を高める戦略も効果的に打ち出すことができるでしょう。
アイテムの販売情報を知ることで、どの時間帯にどのような配置をすれば良いか、逆に売れていない商品や売れない場所の理由や対策を立てることができ、売り場の環境改善にも貢献します。消費者の行動を知ることは今後の販売に大きな影響を与え、同時に効果的な販売戦略を練ることができます。POSシステムの導入によりセキュリティ環境が整ったため、万引き被害が減るという企業メリットもあります。

ピックアップ記事

POSレジシステムと機材について

販売時点情報を英語に直すとPoint Of Saleになります。この英文の頭文字を取ったものがPOSです。POSは最近注目を集めているシステムで、主にスーパーマーケットや飲食店などでPOSを使ったレジ...

POSレジの費用はどれくらいかかるのか

会計がかなり楽になるポスを導入しているお店が多いです。これは機械を使用して会計データの収集をすることができるので手作業で売上を数える必要がありません。会計ミスも全くなくなるので利用を検討してみるといい...

今後の可能性が大きいPOSレジ機能の利用メリット

このレジの機能は従来のレジスターと違います。クラウドサービスを利用して大容量データを扱うことを簡単にしました。従業員の勤怠管理も可能で、業種別に細かく機能を工夫することで付加価値をつけています。飲食店...

業種を問わず導入する価値があるPOSレジ

今や珍しくもなんともなくなった「POSシステム」ですが、以前は導入する業種はある程度限られていました。たとえば、大手のスーパーやコンビニエンスチェーンがその代表格といっても過言ではありませんが、要する...


Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.